>

環境にも優しいニチレイとは

気くばり御膳とは何か

気くばり御膳とは、老舗料亭のルーツをもつニチレイフーズのグループ会社の工場で厳しい品質検査のもと、生産されています。
どのような点に気くばりの御膳の所以があるのかご紹介したいと思います。
まずは、美味しいだけでなく、見た目が美しくなるよう、一人一人が正確な分量で、チーム全員で手作業で丁寧に盛り付けを行っています。
健康管理ができる気くばり御膳は、設定されたカロリーを設計通りに調理が施されています。また盛り付けも慎重に行っています。
外装フィルムをした後も、重量検査をするだけでなく、金属探知機やX線で異物検出器を使い、異物が混入していないかチェックをします。
出荷直前でも、味覚評価だけでなく、衛生検査も行っています。
色んな人たちが、一つ一つに真心を込めて、丁寧な食作りを行っている事がわかります。そのため、気くばり御膳は、色んな人の気配りが詰まった食品になっているのではないでしょうか。

気くばり御膳がお家に届くまでの工程は

気くばり御膳がお家に届くまで、どのような工程を行っているのか気になりませんか?
ニチレイフーズの公式ページで得た情報をもとに、ご紹介したいと思います。
まず、食の安全と品質のためにも厳しく行っているのが、スタッフの体調管理や衛生管理です。
出勤したスタッフの体温を測り、熱があるスタッフは入れない事になっています。
また、体調チェックや服装チェックも行っています。
お次に調理ですが、本格技術の調理方法を使っていますが、大鍋で大ヘラを使ってかき混ぜたり、温度や糖度、重量などのチェックはスタッフの方達がこまめに行っています。調理が終わるとあら熱をとって、チルド冷却保管されます。
その後に盛り付けをしたのちに、おいしさを保つためにフリーザー急速凍結をします。外装フィルムを貼付けしたのち、異物検査を行い、出荷前に衛生検査や味覚評価員が、形状や食感などの官能検査も行ってから出荷をされて自宅に届きます。


TOPへ戻る